9/08/2011

NO CD,NO LIFE.

どうも、近藤です。
超アナログ人間です。

と言いつつ、iPad2を持っている。
最初は本当にちんぷんかんぷんなところから、
少しずつ教えてもらいながら。 必要最小限の使い方で。
仕事のメールをしたり、ブログをアップしたり、
調べ物をするのはいつもこれなので、大体いつも持ち歩いている。
私の相棒。

そして、この相棒を使って、初めてiTunesで音楽を買ってみた。


山下達郎のNEWアルバム『Ray Of Hope』だ。
最近iTunesでも発売になったと聞いて。

これは、私にとっては、とても大きな変化だ。
そもそもアナログ人間な上、CDを買いたい派なので。
歌詞カードを手にとって、じっくり言葉をかみしめながら聴くのが好きだし。
CDの棚に、好きなアーティストの音楽が少しずつ増えていくのがたまらないし。
その一枚への愛着度がやっぱり違うでしょう。
ジャケットだって歌詞カードだって何だって、
いかにその曲の世界観を表現するか考え抜いた上での、一つのアートだと思う。
それらをすべて感じたいのだ。
だから、CDを買うことは、
好きな音楽を聴く上での、すごく自然な「礼儀」な気が、どうしてもするな。
とても個人的な感覚なのだが。
古い、ですか(笑)?

今回、初めてiTunesを使ってみて感じることは、
やっぱりとても便利だってこと。
忙しくても、いつでもどこでも買える訳だし。
かさばらずに沢山音楽を持ち歩ける。

うん。
でも、やっぱり・・・CDが欲しいなー!!
大好きなアーティストだったら、なおさら!
心への浸透度が違う。
便利な世の中で、わざわざお店まで行って買い求めた一枚。
手にとって、愛でるように、大切に聴き続ける。
ドライブする時も何枚かウキウキしながら選んで、一緒に車に乗せる。
私の中で、この嬉しい感覚を超えるものはないだろう。

と、再確認した夜であった。

しかし、山下達郎の音楽はいいなぁ。。
広い原っぱで風に吹かれているような、
真っ暗な夜道でドライブしていて星空にハッとするような、
ときめきがいっぱい。
CDで、また聴いてみよう。

まぁ、いま、iPad2で達郎を聴きながら書いてますけどね。ふふふー。