9/12/2011

満月夜。

どうも、近藤です。
お散歩には、楽ちんビーチサンダルで出かけます。

今日は、6年ぶりに、十五夜が満月の日。
ベランダでしばらくお月見をした。
月の光だけで、こんなに明るいのか・・・。
足元には自分の影がくっきり見えた。

空はよく晴れていて、
時々月を隠すように、すーっと雲が交差していった。
飛行機雲もお目見え。
夜空は刻一刻と変化して、見ていて飽きない。
風も秋。ここちよかった。

考えてみれば、月の満ち欠けって面白い。
月自体はいつでも真ん丸なのに、
その日によって、肉眼で見える面積が違うだけで、
ずいぶんと印象が違う。
満ちたり欠けたりしていても、月は月で、何も変わってはいないのに。

なんだか月って、人間味があるな。

たった一つの出来事や、たった一言だけで、その人の良し悪しを決めつけずに、
相手の影になっている部分まで見ようとする余裕は、人としてすごく大事かも。
今は、たまたま見えていないだけ。

もっと目を凝らして。
そういう、静かで穏やかな眼力を鍛えたいものだ。

あっ、お団子食べるの忘れた。。