9/17/2011

朝焼け劇場。

どーも、近藤です。
朝ごはんは食べる方です。

今日という一日が、いままさに、目を覚ます瞬間を目撃した。
海岸沿いをドライブしていたら、朝焼けが始まったのだ。


空と海の真ん中をすすむ、可愛らしい雲発見。ひつじみたい。


真っ黒な夜の雲を、びゆぅーーっと、風が吹き飛ばす。
その向こうから、新しい朝がやってきたー。


世界は一体、何色あるんだろう。

みるみる変化していく空。
目を見開いて、潮風といっしょに、
朝焼けのエネルギーを胸いっぱい吸い込んだ。


海原一面が染まるまで、あっという間だった。

あとで写真のデータを調べてみたら、
その一部始終は、たった3分の出来事だったと分かる。
驚いた。

人生もきっと、見逃してしまうような、ほんの短い一瞬に、
大切なことがぎゅっと凝縮されているんだろう。

さぁ、どこに向かったかは、またあした。