ページ

9/08/2018

「こどもの本の学校」鈴木のりたけさん

表参道にあるクレヨンハウスで毎年開催されている、

大人向けにたっぷりお話を伺える、
貴重な機会。
全12回あるうち、
好きな作家さんや気になる作家さんの回は、
できるだけ足を運ぶようにしている。
ご講演のテーマは、
『おもしろがると世界が広がる』。
「子どもの気持ちに寄せて作品を創るのではなく、
自分自身がおもしろがっていると、子どもと共通する部分が出てくる」
と語るのりたけさん。

常日頃からどんな風におもしろがっているのか。
どんな風にアイディアが生まれるのか。
興味深いお話がたくさん!

いまは、
来年日本で開催されるラグビーW杯に向けて、
ラグビーの絵本を制作されているそう。
自宅でラグビーボールを使い子どもたちと遊ぶやりとりのなかに、
アイディアの芽が出る瞬間が・・・!

まず、ラグビーの絵本なんて聞いたことがない。
手にとれる日がすごく楽しみ。

見惚れるほどかっこいい、
2枚目ののりたけさん。
頭の中は、
おもしろがる気持ちでいっぱいの3枚目!?
だからこそ、
こどもやおとな、
絵本業界の”思考の殻”をも打ち破る絵本が創れるのだと。

クリエイター鈴木のりたけさんのお話に静かに興奮しつつ、
感動と納得の1時間半だった。
たくさんの書籍のうち、
今回わたしが選んだのはこの2冊!
ひともじいれかえあそび ぼくとばく』作:鈴木のりたけ/小学館
言葉遊びをしながら、
「ぼく」と「ばく」が予想もつかないストーリーを繰り広げる、
新しいアナグラム絵本。
子どもと大人が一緒になって、
言葉の面白さ・奥深さを感じられる1冊。

『そだてば こそだてのげんばを実況中継。作:鈴木のりたけ/朝日新聞出版
人気絵本『しごとば』シリーズを描いたのりたけさんが、
自らの子育て現場を4コママンガで実況中継!
2歳の長女と0歳の長男と過ごす怒涛の日々を、
のりたけさんならではの視点で切りとる子育てエッセイ。
鈴木家の子育ての面白さ、
豊かさに心打たれたので購入してみた。
毎日絶え間なくつづく育児には、
ときに俯瞰し笑い飛ばす時間が必要だ。
のりたけさんのユーモアあふれる画に惹き込まれつつ。
子どもへの愛おしさ、子育ての可笑しみが、
ふつふつ湧いてくるようなエッセイだった。

===
作家さんの生の声を聞き、
その微細なニュアンスを感じたい。
誰かに伝えたいことがあるなら、
こういう時間を大切にしたいと、
あらためて感じさせてもらえたひとときだった。 

9/06/2018

【お父さんの絵本ガレージ】秋の夜長に前編!

今年の春から、
お父さん向けインタビューメディアoton+toにて連載中の、
『お父さんの絵本ガレージ』。

今回のテーマは、
秋の夜長に、お父さんがグッとくる絵本たち。
読書の秋、
前編後編と2回に分けてお届けします。

『絵本ガレージ 秋の夜長に 前編』
http://otonto.jp/?p=16860
わたしがおすすめした絵本は、
神保町のこどもの本専門店ブックハウスカフェにてコーナー展開。
実際に手にとって読むことができます。
秋らしくすてきな装飾がうれしい♡
いつもありがとうございます!

平日は夜23時まで、
Barとしてお酒も飲めるブックハウスカフェ。
お父さん、お仕事帰りに一杯と一冊、
いかかがですか?

しかもすてきなサービスが!
以下お読みいただき、ぜひぜひ♪
===
ブックハウスカフェで1000円以上ご購入のお客さまが
レジカウンターで「オトントを見て来店した」とおっしゃっていただくと
ドリンクサービスチケット(当日のみ有効)をお渡しします。
500円までのドリンクは、このチケットでお楽しみいただけます。
※500円以上のドリンクは、差額をお支払いいただければなんでもお楽しみいただけます。
※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。
===

絵本ヨガ in 杉之子幼稚園

横浜市西区にある杉之子幼稚園にお招きいただき、
出張絵本ヨガをお届けしてきた。
うれしい2度目の訪問。
(前回訪問時のブログは→こちら
”園庭開放”という貴重な日のイベントとして。
地域の親子のみなさんに体験していただいた。
前回は赤ちゃんが多かったのですが、
今回は2~3歳くらいの子どもたち。
自分でポーズをとれる子も多くて、
とーっても可愛らしかった♡
お母さんたちも、
積極的にヨガポーズに挑戦!
秋なので・・・
栗がでてくる絵本を読んで、栗のポーズ!
ヨガの呼吸法を親子で。
すーはーすーはー。。
ご参加くださった、
20組以上の親子のみなさんに感謝。

子どもたちは元気いっぱい!時々走り回りつつ、
親子のふれあいをたっぷり楽しめたかな?
お世話になったみなさまと。
左より、石毛さん、ヨガ担当のゆりえちゃん、稲葉さん、
そして鈴木直美園長。

わたしたちは、
勝手に帰ってきたようなうれしい気持ちでいたのですが。
帰り際にみなさんからも、
園歌「すぎのこのなかまたち」になぞらえて、
「すぎのこの仲間でいてくれてありがとう」
と言っていただき感激・・・。

絵本ヨガを続けていてよかった。
本当にありがとうございました。

===
*事務局長の稲葉さんが、
園のブログですてきなリポートを書いてくださいました。
『絵本ヨガ&ホール開放!!』

*出張絵本ヨガのお問い合わせは、
絵本ヨガオフィシャルサイトで受け付け中。
お気軽にご相談ください。