2/26/2018

子連れ美容室

ママ友に教えてもらった、
子連れOKな美容室へ。
息子は場所見知りしたのか?
お母さんの様子が気になったのか?
併設された広いキッズスペースには行かずに、
ずっとわたしの膝の上でしたが。
絵本を読んだり。
おもちゃで遊んだり。
髪を切ってもらっている姿を鏡で見ながら、
自分の髪をいじったり(笑)。

最近はこういう美容室が少しずつ増えているみたい。
お父さんに子どもを託して、
お母さんの貴重なリフレッシュ時間になるのが一番だとは思うけれど。
休日の家族時間も大切にしたい・・・。

わたしの場合、
平日にどうしても預けられず、
美容室にいま行かなきゃ!という時など、
とっても心強い味方だと思った。
この日は生放送前日の駆け込みで、
助かりました~。

今度は親子3人でカットしてもらおうかな?

2/22/2018

絵本と毛糸

2月のVOiCEおはなし会は、
絵本の読み語りと毛糸のワークショップを。
絵本は2冊。
まどみちおさんの、
冬眠から目覚めたくまのお話『くまさん』
いろんなかたちを見せる赤い毛糸を、
くるくるまきとっていく物語『あかいけいと』
毛糸のワークショップは、
色とりどりの毛糸から好きな色を選んでもらい、
ひたすら、くるくるくるくる・・・
100円ショップに並んでいる、
便利なグッズを使って。
最後にはさみでチョキンとすると・・・
かわいいポンポンのできあがり♪
ゴムをつけて腕に通してみたり。
ネックレスにしてみたり。
お気に入りのにんぎょうと一緒にラッピングして、
「ママにあげるんだ!」
という男の子も。
なんてやさしい(涙)。
毛糸のぽんぽん作りは、
フリーアナウンサーで編み物作家の長久保さとこさんのアイディア。
『あかいけいと』という絵本を知ったときから、
病院でなにかできないかな?と考えていたけれど。
さとこさんのおかげで、
とてもすてきなワークショップが実現できた。

入院中でも感じられる、
ささやかでも大きな達成感は大事だな。
子どもたちの笑顔を見ながら思いました。

パーソナルカラー診断

ママ友のじゅんこさんに、
パーソナルカラー診断をしてもらった。
パーソナルカラーとは、
その人に似合う色のこと。
肌や瞳の色がひとりひとり違うように、
人それぞれ似合う色がある。
特にメイクやヘアカラー、ファッションやアクセサリーなど、
顔周りにもってくる色は、
肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右するとのこと。

20代の時に一度、
アナウンサー研修の中で診断してもらったことがあった。
今回はおよそ10年ぶり!

春夏秋冬の基本タイプのうち、

10年前はAutumunが一番似合うと言われた。
少しくすんだ深みのある色合い。
そしていま、
アラフォーになったわたしに一番似合う色は・・・
Springだった!
なかでも秋に近い”Warm-Spring”。
そりゃあ、10年経てば似合う色も変わるだろう。
納得の診断かつ、
今知ることができてよかった。

今回の結果をもとに、
洋服コーディネートのアドバイスをしてもらったり、
パーソナルカラーを参考にしたメイクをしてもらったり。

じゅんこさんは、
週1で通っているヨガで知り合った方。
元々は化粧品会社に勤め、
化粧品の販売や企画などをされていたそう。
いわば美容のプロフェッショナル!
産後は自分の肌も変わるので、
いろいろ気になっていたことも聞くことができた。

ためになること満載の時間を過ごしつつ、
きれいにメイクまでしてもらって、
よいリフレッシュになった~。

客観的なアドバイスは、
自分を見直すよいチャンス。
これまでの思い込みにとらわれることなく、
似合う色をどんどん身につけていこうと思う。
早速、クローゼットの洋服やメイク道具を整理中!
診断のあとは、
子どもたちを連れてお散歩へ。
仲良しのおねえさんとデートできて、
息子も大満足♡

すてきなママ友に恵まれてうれしい今日この頃。
あたたかくなったら、
みんなで公園ピクニックにも行きたいなぁ。

子どものおかげで広がるご縁を大切に、
いっしょに子育てを楽しみたい。
Springカラーを身につけて♪

2/21/2018

2月の絵本ヨガとラジオ出演と春休みスペシャルイベント

2月の絵本ヨガもたのしく終了!
リピーターさんも、はじめましての方も、
ご参加ありがとうございました!
ポプラ社で開催していたときのリピーターさんとも久々の再会!
お子さんも大きくなりしっかりヨガポーズをとれるようになっていて、
感慨深かった・・・
子どもたちの成長をみられることは、
絵本ヨガを続けていてうれしいことのひとつ♪
今回は春を呼び込むお花や電車など、
ヨガにつながる4冊の絵本を選書。
ヨガインストラクターのYUIさんが、
絵本にちなんだヨガポーズを考えてくださっている。
前日にはご自宅で、
親子で体を動かしシュミレーションしてくださっているとのこと。
息子くんもありがとう!
赤ちゃんは、ママと目と目を合わせてふれあって♡
大きいお子さんは、ママと同じポーズでふれあって♡
親子でふれあい、
からだを動かす心地よさを感じながら、
豊かな感性や想像力を育む時間になりますように。

絵本ヨガは、ラジオの生出演や、
春休みスペシャルイベントなどを予定しています。
今後の予定、
ぜひチェックしてください⇊

===
★ラジオ出演
FMみしま・かんなみ〈ボイス・キュー〉「只今参上。我らウエちゃん、七変化!!」
(毎週金曜日15:00~18:30)
http://777fm.com/blog/cat56/
3月2日(金)16:30過ぎの絵本コーナーにて、
生電話出演予定。
パーソナリティで絵本専門士の上藤美紀代さんと、
絵本ヨガについて、『森のくるるん』についてお話します。

★絵本ヨガ in 日テレ学院(市ヶ谷)
3月21日(水)11:00~12:00
4月以降も毎月第3水曜日に開催予定。 

★絵本ヨガ in ブックハウスカフェ(神保町)
春休みスペシャル企画として、
神保町にある子どもの本専門店ブックハウスカフェにて開催
イベントの前後には、
店内に並ぶたくさんの絵本やカフェも楽しめます♪
赤ちゃんから春休み中のお子さん、
お母さんはもちろんお父さんも大歓迎!
日曜の午後、
絵本とヨガを通して親子でふれあうひとときを過ごしてみませんか

【日時】
325日(日)14001500 
【場所】
ブックハウスカフェ店舗左奥のギャラリーにて
東京都千代田区神田神保町25北沢ビル1F
「神保町」駅A1出口より徒歩1
※改札から出口まで距離があるため、お時間に余裕をもってお越しください。
【定員】
限定親子7
【参加費】
親子12,000円(追加おひとりにつき+500円)
【持ち物】
飲み物/タオル
【その他】
※動きやすい服装でご参加ください。
授乳・おむつ替えスペースあり。
【申込み方法】
絵本ヨガオフィシャルサイトのイベント情報ページよりお申込みください。

2/17/2018

スポーツな週末

ここ最近、
家族の週末はスポーツ三昧。
バスケットボールに!
草野球!

両親が体育会系なので、
周りからは「順調に英才教育してるね」と(笑)。
そんなつもりはないけれど、
将来なにかしらスポーツに打ち込むことはまちがいないだろう。
心身ともに健やかな子に育ちますように。
体を動かせるうちに、
子どもとスポーツを楽しむのもいいなぁ。
かあさん体力作りをがんばらねば!

2/09/2018

表彰式

とある企業の年間表彰式のお仕事へ。
ときどき表彰式の司会をさせていただくけれど、
受賞された皆さんの表情が清々しく輝いていて、
こちらまで晴れやかな気持ちになる。
今回の会場は、
日本初進出で話題になったホテル、
アンダーズ東京最上階のスタジオ。

かわいいハート♡のオブジェに入ってみたけれど、
ひとりで撮影してはいけない場所だった・・・笑。
52階からの景色がこちら。
目が眩むほどの高さ!
こういう風景は、
物事を俯瞰して考えるのにとてもよいと聞いたことも。

たまにはこんなホテルにゆっくり泊まって、
いろいろ俯瞰する時間をもってみたいですねぇ。
そんな贅沢、いつになることやら~。

2/07/2018

昔も今も

毎回お世話になっている医療系の現場にて。
左より、フロアディレクターの遠藤さん、
全体を仕切るディレクターの久保田さんと。
「マッチ、インカムつけてみたら?」のお言葉に甘えて。
これを駆使して的確な指示を下さるのだ。
たくさんの技術さんと打ち合わせを重ね、
生放送の本番まで、リハーサルも入念に。
スタッフの皆さんに支えられて任務遂行できることを、
しみじみと感じる風景。

こういう現場にくると、
札幌テレビや新潟総合テレビ、TOKYO MX時代のことを思い出す。
また会いたい人たちがたくさんいるなぁ・・・。
なんてしあわせなことなんだ!

環境は様々変わりつつ、
アナウンサー歴もいよいよ年月を重ねてきたけれど。
昔も今も、
人に恵まれていることへの感謝をかみしめた一日だった。

2/04/2018

「よむ、つたえる、かわる。」

青少年読書体験推進キャンペーン記念イベント「よむ、つたえる、かわる。」にて、
司会を務めさせていただいた。
終了後の楽屋にて。
キャンペーンのイメージキャラクターで女優ののんさんと、
お笑いコンビ「米粒写経」として活動しながら広辞苑の執筆にも携わる学者芸人、
サンキュータツオさんと。
記憶に残る、なかなかしびれる一日だった。
第一部は、ゲストのお二人とのトークセッション。
第二部は、ビブリオバトル頂上決戦。
のんさんInstagramより。
トークセッションは自由なのんさんに翻弄されつつも笑、
お二人からとっても興味深いお話をたくさん伺うことができた。

のんさんが子どもの頃にくり返し読んだ大好きな絵本は、
『まっくろネリノ』だそう。
枠にとらわれない唯一無二の個性を放つのんさんは、
まさにネリノと重なるところがあるなぁと。

タツオさんはもともと読書が苦手で、
国語という教科もよくわからなかったと。
わからないからいまも研究し続けているような気がする・・・
そうおっしゃっていたのが冒頭から印象的だった。

読書の入口は正反対ともいえるお二人でしたが、
本を読むことの魅力についてたっぷり語ってくださった。

最後は10代の若者たちに向けてこんなメッセージを。
のんさん
 「10代のときにしかない感覚で作品を受けとることができるので、
  たくさんの本にふれてほしい」
タツオさん
 「本でも、音楽でも、10代の頃に浴びたものが、ほぼ人生を決定づける。
  わからなくてもいいし、最後まで読まなくてもいいので、
  目を通して、手にふれて、ページをめくる作業を続けてほしい」

その他こころに残る発言がたくさんありましたが・・・
くわしくは下記の記事をぜひご覧ください!

★「のんさんが10代にメッセージ~読書推進イベント」(21世紀活字文化プロジェクト)
https://katsuji.yomiuri.co.jp/archives/2358
★「読書は女優力にも。のん、読書の魅力を青少年にPR」(NB Press Online)
http://www.nbpress.online/archives/5868

===

そしてビブリオバトル頂上決戦では、
書店員、大学、中学大会の優勝者など6人が出場。
今回は年齢層の幅広いバトラーのみなさんが、
U-18 (18歳以下)にすすめたい本をテーマに発表。

「学生時代にこの本を読んで人生が変わった!」
「同世代だからこそこの本をすすめたい!」
などなど、それぞれに熱がこもっていた。
私自身も、読んでみたい本が増殖中・・・笑。

★紀伊国屋書店・瀬部さん グランドチャンプ本獲得~ビブリオバトル頂上決戦
https://katsuji.yomiuri.co.jp/archives/2369
のんさんやタツオさんのSNSを通じて、
わたしの友人知人から「見たよ!」とメッセージがたくさん。
思いがけない人から久々の連絡もあり、
それもうれしい余韻だった。
仕事をがんばっているといいことがある♪
「よむ、つたえる、かわる。」キャンペーンの冊子は、
全国の高校約5000校と公立図書館に寄贈されているそう。
読み応えたっぷりなので、
機会がありましたらお手にとってご覧ください。

のんさん、タツオさん、バトラーの方々。
来場されたみなさま、関係者のみなさま。
ありがとうございました!