3/28/2018

全国中学ビブリオバトルと川村元気さん

ビブリオバトル全国大会のしめくくり、
中学生大会の決勝戦が上智大学で開催された。
中学生がおすすめの本の魅力を発表し、
観衆が最も読みたくなった本を投票で決める書評合戦。
地方予選を勝ち上がったバトラーなど37人の中学生が出場し、
大阪府岸和田市立岸城中学2年の杉本葉月さんが優勝!
『BUTTER』(新潮社)がグランドチャンプ本に輝いた。

決勝では5分間の発表の後に、
3分間の質疑応答がある。
観衆からの質問にバトラーが答えるもので、
その本への興味がより湧くようなLIVEのやりとりが、
ものすごくおもしろい。
司会席できいているわたしは、
この質疑応答の時間から、
1番読みたい本が決まることもしばしば。

本好きな中学生たちのピュアで真剣なまなざしに、
何度も胸が熱くなる大会だった。
トークセッションでお話を伺ったのは、
ゲストにお越しいただいた川村元気さん。

映画プロデューサーとして、
「君の名は」「電車男」「告白」「悪人」など、
数多くのヒット作を生み出しているほか、
小説家や絵本作家としても活躍。
近作でいうと、
「ドラえもん のび太の宝島」の脚本も手がけていらっしゃる方。
各分野で多彩に活躍されている川村さんに、
じっくりとインタビューさせていただいた30分間。
「読む前と読んだ後で、世界が変わるような本との出合いが大事」
「誰かにすすめられた本を読むのは、とても豊かなこと」
などなど、こころに残るお話がたくさん。
川村さんの中学時代のエピソードや、
いまの中学生におすすめの本なども語ってくださった。

以下のフルバージョン動画では、
決勝戦とトークセッションの模様を、
まるごと見ることができます。
お時間がありましたらぜひご覧ください。

===

【中学校ビブリオバトル決勝大会(フルバージョン)】

【全国中学ビブリオバトル決勝大会(ショートバージョン)】


【NHKジャーナル ニュース 書評合戦「ビブリオバトル」中学生大会】

【21世紀活字文化プロジェクト】

===

ちなみに楽屋では、
川村さんの絵本『ムーム』(白泉社)のお話も。
「誰もが思っているけど、
 言葉になっていないものを表現したい。」
”集合的無意識”にアクセスすることを大切にされていると伺って、
まさに『ムーム』の世界観だなぁと、深く納得。

東京オリンピックに向けて超多忙の川村さんですが、
これから手がける新作たちが、
ますます楽しみになった。
最後に一枚。
ビブリオバトルの現場で、
いつもお世話になっているみなさまと。
左より、ディレクターの竹田さん、
読売新聞の日江井さんと和田さん、
運営スタッフの山田さんと永岡さん。
毎回みなさんとお会いできるのも、
この仕事の大きな楽しみになっている。

2017年度も大変お疲れさまでした!