ページ

10/10/2018

絵本ヨガ メディア掲載

幼児教室・ならいごと探しのwebマガジン『ならいごとキッズ』にて、
絵本ヨガが詳しく紹介されました。
ありがとうございます。

創造力を豊かにする!親子で習いたい『絵本ヨガ』って?
こちら(ならいごとキッズ 2018年10月10日)

祝2歳☆

息子が2歳になった。
ろうそくの火を消そうと、
ふぅ~っ!も上手になったなぁ。

誕生日の朝、
お父さんは出かける時に一言。
「もう2歳なんだから。
 甘えてばかりいないで、ママを守るんだぞ!」
思わず吹き出してしまった(笑)。

もちろん、まだまだ甘えん坊だし、
甘えられるうちにとことん甘えてほしいけれど。
”守る”といえば、
最近うれしいハプニングが。

いつも息子が寝た後に、
録画しておいた番組などを観るのですが。
この間はたまたま夕方に、
『透明なゆりかご』最終回を。
産婦人科を舞台にした、
命について考えさせられるドラマ。
毎回泣かされていましたが、
案の定このときも・・・(泣)。

そんな私を見た息子が、
ちいさな手のひらで、
わたしの涙を拭い始めた。
そのうちティッシュを取ってきて、
鼻水までふいてくれて・・・。

いっしょうけんめいな表情だった彼は、
わたしが「ありがとー!」と言うと、
ようやく笑顔になった。

===

これまでの人生38年のうち、
最も重要だったと思える2年間。

振り返ってみれば、
親が子どもを守りながら、
同時に子どもに守られているような。
抱きしめながら、
抱きしめられている。
愛しながら、
愛されている。
そんな日々だったなぁと。

確かに想い合ってきた時間のかけがえのなさが、
実感として胸に迫った出来事だった。

これからも息子とのふれあいを大切に。
世界でたったひとりの彼らしさをのびのび発揮できるよう、
サポートする親でいたい。

愛情いっぱいに支えてくれる家族。
たのしく遊んでくれるお友達。
あたたかく見守ってくださる方々。
全ての人に感謝して。

2歳の息子と、
2歳の母を、
これからもよろしくお願いします。



10/04/2018

村上康成さん『水ぎわの珍プレー』原画展

村上康成さんの人気の新聞連載をまとめたイラストエッセイ、
神保町ブックハウスカフェの原画展に合わせて行われた、
トークイベントに行ってきた。
釣り人として。
アーティストとして。

日本はもちろん、
世界各地を釣り歩いてきたリアルな体験を伺いながら。
水ぎわとアトリエと、
2つの世界を繋ぎ持つ村上さんの生き様に、
あらためて感銘。

目に見える世界と見えない世界があり、
想いを馳せることがいかに大切か。
情報過多の時代に、
子どもたちが”自分で思うこと”の重みについて。

時に笑ったり、感じ入ったり。
会場の空気が大きく揺れていた。
今夏、伊豆高原の村上康成美術館でも見た原画たち。
ブックハウスカフェのギャラリーにて、
また違った趣を放っていた。
 クマに見つめられ。
夕暮れの美しさに息をのみ。
・・・これは1番好きな原画。
絵はもちろん、
村上さんの言葉もじっくりと味わえるエッセイ。
想像力をかきたてられ、
自然の感触に近づける1冊です。
トークイベントのしめくくりは、
ウクレレですてきな歌声を♪
弦は釣り糸!
「お父さんの絵本ガレージ」コーナーにて。
今回のテーマは、
ちょうどこのとき、
村上さん初めての翻訳絵本『あのひのクジラ』(ブロンズ新社)を選書中。
「お父さんに絵本をおすすめする企画はいいね。お父さんはピュアだから」。
ありがたい言葉に力をいただいた。

===
*村上康成美術館
*村上康成絵本ギャラリー
*村上康成Breezingオフィシャルストア
*村上康成グッズMINTmint

10/03/2018

SHJ東大病院

認定NPO法人 スマイリングホスピタルジャパンの活動で、
東大病院の小児病棟へ。
今回は絵本の読み語りと、
毛糸を使った”みのむし”作りのワークショップを。
十人十色のみのむしたちが可愛い!
ベッドサイドやカーテンレールなど、
病室の好きなところに飾ってもらえるといいな。
絵本を読むと、
夢中になって反応してくれる子どもたち。
この日入院したばかりというママさんとは、
子育て&絵本トークであれこれお話しつつ。
持参した絵本はこちら。
お月さま、落ち葉、みのむし、毛糸・・・
秋を感じるラインナップに。
絵本タイムを終えて、
みんなでワイワイみのむしを作っていると。
プレイルームに顔を出した子どもたちやママたちが、
「なに作ってるの~?」
「わたしもやりたい!」
と、どんどん参加してくれた。

「病室が明るくなるように・・・」
と言いながら、
カラフルな毛糸をたくさん手にとっていたママも。
色とりどりの毛糸を用意していてよかった。
ママと男の子が作った、
親子みのむし♡

帰り際に、
お世話になっている保育士さんが声をかけてくださった。
「いつも絵本から広がる遊びを楽しみにしているんです。
身近な材料で作れるところもうれしい。」

あたたかく迎えてくださって、
本当にありがたい。
次回は何にしようかな!?
ちなみに今回は荷物が多くて・・・
気づけば絵本バッグ祭りになっていた(笑)。
(左上より時計回りに・・・tupera tuperaさん展覧会限定トートバッグ、『ぐりとぐら』、『わたしのワンピース』、新井洋行さんEHONTOTE)

10/02/2018

司会と船旅

竹芝埠頭そばのホテルで、
製薬系シンポジウムの司会を。
海沿いの夜景が綺麗だった。
東京の島制覇を目指して、
毎年ここから船に乗っていた頃が懐かしい。
仕事で近くに来ると、
自然とテンションが上がってしまう(笑)。

大島、利島、神津島、三宅島、八丈島は上陸。
新島、式根島、御蔵島、青ヶ島、小笠原諸島は未上陸。

先日の沖縄旅行で、
再び島熱が高まっているので。
また船旅に出たいなぁ・・・
楽しいリフレッシュ旅行のためにも、
仕事を頑張らなくちゃ。

9/27/2018

絵本journey vol.16 『村上康成絵本ギャラリー』

本当に来ることができたのだ・・・
目の前に立っただけで、
胸がいっぱいになった。
8年前、石垣島にオープンした、
村上康成絵本ギャラリー
赤瓦にシーサー、
ガラス張りの開放感が印象的。
今回の旅先を八重山諸島に決めた、
大きな理由がこちらだった。
建物の奥がギャラリーになっていて、
この扉を開けると・・・
海が広がっていた!
きれいなブルーに目を奪われる。
息子は絵を指差ししながら、
うれしそうに泳ぎ始めた(笑)。
このときちょうど展示されていたのは、
息子の大好きな絵本『しろいちょうちょがとんでるよ』(ひさかたチャイルド)の原画。
海と空に囲まれて・・・
爽快な空間だった。
BSフジの番組で本番中に描かれたという、
『イシガキウミウシ』もすてき。
扉そばの壁には、
村上さんの絵本がびっしりと。
すべて貴重な初版本!
内装は手作りとのこと。
床にはきらきら、
シーグラスがちりばめられていた。
併設のHigh Tide Cafeでランチを。
絵本を飾ったテーブルもおしゃれ。
前菜でいただいた島野菜の数々、
美味しかったなぁ。
名物!石垣産牛のスープカレー。
島の生姜が効いていて、
わたしの夫も絶賛!!
辛さの後に甘みも感じられて、
癖になる味だった。
最後にいただいた手作りデザートも絶品♡
ブランコ風のいすに座れるカウンター席。
息子も気に入っていた♪
オフィシャルグッズも充実。
わが家はもちろん、
村上さんの作品が大好きな両親へのおみやげもget!
オーナーの竹田誠さん。
東京で飲食店を経営された後に、
ダイビング好きが講じて、
ご夫婦で石垣島に移住されたそう。

村上さんとのご縁や島のことなど、
いろいろ楽しいお話を伺わせていただいた。
家族で長時間お世話になり、
ありがとうございました!
帰り際。
あっという間に雨雲が近づいてきて、
大粒のスコールに打たれたのも、
よき思い出に。
川平湾ではグラスボートに乗って。
きれいな魚や立派なサンゴを堪能してきた。

石垣の風景に溶け込み、
ゆったりとした島時間の流れる、
すてきなギャラリー。
ひとつ、夢の叶った絵本journeyだった。

*村上康成絵本ギャラリー
http://murakami-ishigaki.com/

9/26/2018

沖縄へ

しばらく沖縄に滞在してきた。
八重山諸島の、
石垣・小浜・竹富を巡る旅。

わたしにとっては、
10年前の一人旅以来の、
思い出の地だ。
基本的には、
ホテルでのんびり過ごしつつ、
ビーチとプールを往復するという、
水泳合宿のような日々。

息子は水が大好きなようで・・・
毎日お父さんの特訓を受けながら大はしゃぎ。
滞在中、ずっと笑い転げていた。
はじめての飛行機。
お気に入りの絵本をお供に。
はじめての船。
全力でバイバーイ!
がじゅまる広場で絵本を発見。
いつでもどこでも絵本を読む母。
部屋の中でのお父さんは、
息子にせがまれ、
よくお絵描きをしてくれていた。
中秋の名月も見ることができた。
オリオンさんにもありがとう!
息子の成長をたくさん感じられた、
今回の家族旅行。

一番の収穫は、
父子がより仲良くなったことかな。
こんなに2人が、
朝から晩までがっつりふれあえたのは初めてだったから。
「パパだっこ!」
の回数が増えたことが、
とてもうれしい。

そんな二人をほくほく眺めながら。
母さんは確実に、
シミ・そばかすが増えた旅でした・・・笑。

9/19/2018

9月の絵本ヨガ

絵本ヨガin日テレ学院。

ご参加ありがとうございました!
息子がよくまねするポーズ。
さすがわが子、
なかなか体幹がよい(笑)。
赤ちゃん絵本や秋の絵本、
ママにおすすめの絵本などを選書。

最後はおやすみのポーズで寝転んでもらい、
(文・絵:えがしらみちこ 原案 西原理恵子 角川書店)

今年5月に発売されたばかりの作品。
初めて人前で読んでみたけれど、
涙されていたママが3人も・・・。
わたしも読みながらいろいろ想いがこみ上げて、
あらためてグッときた。
これからたくさんのママたちにおすすめしたい1冊。
 絵本ヨガ『森のくるるん』を気に入ってくれているのは~
息子と幼馴染の女の子!
1番のご近所さんだったのが、
昨年引っ越してしまって、
いまはオーストラリアのメルボルン在住。

今回一時帰国したタイミングで、
また絵本ヨガに遊びに来てくれたのだ。
うれしかったなぁ。。

はじめての子育てにてんやわんやの時期に、
お互い励まし合ってきたので・・・
息子にとってもわたしにとっても、
本当に大切なおともだち♡
同じ事務所のフリーアナウンサー、
坂木萌子ちゃんも!
生後4ヶ月のかわいいboyと一緒に。
すでに懐かしく感じるほわほわ具合に癒やされた~♪
そして後日、
すてきなリポートをブログに。
萌子ちゃん、ありがとう!

ママになったからこそつながる縁って、
うれしいし、あたたかいし、励まされる。