3/11/2012

一歩一歩。

間もなく、3月11日が終わろうとしています。
"あの日"から積み重ねてきた日々と変わらない、
一つの通過点だと思うようにしていました。
それでも、
黙祷を捧げながら、日常を過ごしながら、
様々なことを思い出したり、想いを馳せたりと、
やはり、特別な心持ちの一日になりました。

笑顔や光に満ちた未来をつくっていけるように、
自分にできることをしていきたいと思います。
一歩一歩、感謝を忘れずに。