3/04/2012

ドラマ現場に潜入!

どうも、近藤です。
無茶ぶりするより、される方が燃える性格です。

昨日は、ドラマ撮影に参加してきた。
いやはや、いろんな仕事があって面白い!
まだ詳しいことは書けないけれど、
ドラマの中の司会者役として出演予定。

まず、普段何気なく観ているドラマが、
こんなにも多大な時間と、
多くの人の労力を要して創られているのかと驚愕。。
画面を通して見ていた俳優さんや女優さんたち。
本番の声がかかった瞬間の、
とりまく空気の変わりようは、凄まじく。
監督さんと交わす、演出に関する細やかなやりとりからも、
プロ魂をビシビシ感じた。
とても貴重な体験をさせて頂いた。

そんな中で、
何とも嬉しい再会が!


俳優の、郭智博さん!!
(NHKの連続テレビ小説「カーネーション」にご出演中です。)
札幌で、私がラジオのパーソナリティーをしていた頃にお会いして以来だから、
かれこれ6年ぶり!
郭さんは当時、『夜のピクニック』という映画のキャンペーンでいらしていた。
映画のタイトルにかけて、中高生のラジオリスナーたちが夜の札幌を歩き、
生中継をしながら、
ゴールの羊ヶ丘展望台を目指すというイベントに参加して下さったのだ。
"夜ピク"は、笑いあり感動ありで、
強く胸に刻まれた、忘れられないイベントだった。

郭さんも私のことを覚えていて下さり、感激。
しかもその理由が、
「映画の舞台挨拶で近藤さんにモノマネふられたから、覚えてます(笑)!」
とのこと。
あら〜、その節は大変失礼しました・・・m(_ _)m。。
一体どんな経緯で無茶ぶりしたのか謎ですが(笑)。
懐かしい思い出話に花が咲き、思いがけず楽しい時間となった。

ご縁とは不思議なもの。
最近は特に、かつて"仕事"で関わった人との再会が続いている。
まるで、点と点が線でつながるような感覚だ。
何より、再び対面した時にお互い笑顔で話せるということが、
とても嬉しく尊いことだと思う。

ほとんどが一期一会かもしれない。
だからこそ、
ひとつひとつの出会いに心を込めて。
そんな人生の方が、
ずっと楽しく、豊かに生きられる気がする。
出会いと別れが交錯する、弥生3月に思ふ。