6/16/2012

絵本セラピー。

どうも、近藤です。
いくつになっても、学ぶってことは楽しいです。

今週末は、また絵本三昧。
実はいま、『絵本セラピー』の勉強をしている。
絵本セラピーとは、大人のためのワークショップ。
大人が、絵本を通して、自分を見つめ、向き合い、発見する、
そんなチャンスをくれる時間。

今日は、ずっと準備してきた、私の発表だった。楽しかった!
一人でゼロから企画し、参加者とのワークショップも含めて、
およそ1時間の講座を、プレゼンテーションする。
これがまた、奥が深い。。

こんな風に、大好きな絵本を通して、
自分の世界が広がり、世界が豊かになり、世界が深まっていく。
なんともいえない幸せが、
雨の日の水たまりに見る波紋のように、そっと劇的に広がっていくのを感じている。
素敵な出会いもたくさん!!
この場所で多くを学び、もっともっと、私と仲良くなれそうだ。
心をひらくということは、簡単なことではないけれど。
今の自分に、大丈夫だよって、手をさしのべる。繰り返し、繰り返し。
良いところも悪いところも、全てひっくるめての自分を愛していけたらいい。
一度しかない人生を、味わい深く歩んでいきたい。
人間って、可笑しくて、愛おしい。
絵本って、すごいな。
ありがとう。

多感すぎるひとりごとでごめんなさい。
それくらい、絵本に引き出されてしまっている。

明日はまた、どんな気づきがあるだろうか。