10/15/2012

絵本作家さん大集合!てくてく座観劇。

どうも、近藤です。
絵本は、沢山の可能性を秘めていると思います。

先日、絵本作家さんによる文士劇を観てきた。
“てくてく座”東京公演、『山鹿灯籠夢日記 よへほ恋の湯祭り』。
舞台で演じるのは、いわば、お芝居に関しては素人さんたち。
それがまた、絶妙な空気感を生み出すわ、
根っからの人を楽しませたいオーラが満載だわで・・・。
もー、笑って笑って笑いまくって、涙が出そうになるほど!
本当に面白かった!!
中川ひろたかさんと。最近、沢山お世話になっています(*^_^*)
かつらがお似合い(笑)。
会場を一瞬で笑いの渦に巻き込む、本物のエンターテイナーっぷりが炸裂!
感動すら覚えた。。
最近、友人の出産祝いで、長谷川さんの作品『おへそのあな』を贈らせて頂いた。
独特の感性が光る、文も絵も大好き!

舞台後の会場は、お客さんですごく混雑して、
なかなか皆さんとお話ができなかったのだけれど・・・
他にもそうそうたる作家さんたちが勢揃い。
てくてく座・座長の飯野和好さん、あべ弘士さん、長野ヒデ子さん、
ささめやゆきさん、山本孝さん、大友剛さん・・・などなど豪華面々。

しかも素晴らしいのは、
この舞台のチケットの売上は、すべて、
東日本大震災の被災地支援に充てられるとのこと。
心のこもった、良い舞台だった。

また観たいなぁ。。