10/01/2012

十六夜の月。

どうも、近藤です。
月を見上げながら歩いて、電柱にぶつかったことがあります。

昨日は、仕事で帰りが夜になり、
雨風強い中、なんとか帰宅。。
皆さんは大丈夫でしたか?
中秋の名月だというのに、もちろん月は見えず・・・。

一夜明け、今日は台風一過で、スカッと快晴!
『十六夜の月』を眺めるのを、わくわく楽しみにしていた。

ちなみに・・・十六夜(いざよい)とは、
「ためらう」意味の動詞「いざよう」の連用形が名詞化したもの。
陰暦16日の月の出は、満月の夜に比べて月の出がやや遅いことから、
月がためらっていると見立てたものだそう。
少し雲が多かったけど・・・
雲の切れ間をねらってパチリ。
幻想的な空を見上げ、しばしお月見。


お月見団子も作ってみた!
私の好きな、きなこ味♡
青色の角皿は、
先日のブログでも紹介した、五味謙二さん作!
台風一過の空のように綺麗。
お団子も、つるりんモチモチで美味しかった~。

十六夜の月で始まった10月。
新たな挑戦もいろいろと。
ためらうことなく、一歩一歩、進むべし。潔く。