5/05/2012

こいのぼりの日に、目からうろこ。

どうも、近藤です。
また、こいのぼりにもぐって遊びたいです。

五月晴れの新潟の空に泳ぐ、こいのぼり。
ここは実家ではないけれど、家族が写真を送ってくれた。
きっと、おいしい春風をいっぱい吸い込んでいたんだろうな。
ごっくん、ごっくんと。

そう、今日はこどもの日だった。

絵本の多い環境で育った私が、
再び、絵本の世界に惹かれたきっかけは、
『子供』たちへの読み聞かせ。
でも、絵本が『大人』の心も癒やすことに気づいてから、
その奥深さにますますはまり、
私の”絵本アンテナ”が、毎日何かしらキャッチするようになった。

もっともっと勉強したい!
GW後半は、大人のための絵本講座に参加している。
今日一日だけで、およそ40冊もの絵本と新たに出合った。
それらの絵本を通して、
大人だからこそ感じられる、様々なことを学んだ。

例えば、自分の欠点だと思っていたこと。
それを補うために無意識にやってきたことが、
自分の長所を育んでいたという事実に、初めて気づかされた。

『欠けているところは、実は欠かせないところ』

あっ・・・・!!と思わず声が出そうになるくらい、
心底驚いた。
これからの生き方にも影響するぐらいの、巨大な発見だった。

その他にも、目からうろこの連続。
ボロボロボロと、音をたてて剥がれ落ちるくらいの勢いだ。
中には、涙をこらえきれない一冊もあった。

なぜ、こんなにも深いのだろう、絵本は。。。
明日のワークショップも、楽しみでたまらない。