1/18/2013

花柄アルコパル♡

どうも、近藤です。
東京の冬を侮っていました。

さ、さむい。。。
雪国新潟出身だから、
寒さも、雪も、慣れていていいね!
と多くの人に言われるのだが、
どうも東京の冬の寒さには、まだ慣れない。
カラカラ乾いた風が、ものすごく冷たくて肌にしみる。

新潟の雪って、冷たいけどあたたかいんですよ。
安心感があるというか。
どっさり降り積もった雪の世界に埋もれると、
子どもの時に経験した、かまくらの中にいる時のような、
静かであたたかな気持ちになるのだ。
冬の寒さも、雪も、その土地によって、
気温だけでは計れない感覚の違いが随分あるものだ。
そう改めて実感する、東京2度目の冬である。

あたたまりたい時は、家で紅茶を飲む。
最近はずっと、このカップ&ソーサーを愛用中!
フランスのarcopal(アルコパル)社のもの。
小さな赤いバラ柄が、レトロな雰囲気で可愛らしい。
それ以上に、ミルクガラスの色や質感にときめいてしまった。
ふんわり優しいオーラを纏っている。

このC&Sは、ちょうど一週間前に、
友人が吉祥寺にオープンしたお店で購入したもの。
ファッション・雑貨・オーダージュエリーの店、『XI(エックスワン)』。
オープン初日にお邪魔してきた。
自分の思い描く雰囲気を実現したいと、
内装も全部手作り!
例えば棚は、好みの一枚板を探してきて、
壁に取り付け完成させたものだそうだ。
手間暇かけただけあって、
こだわりと愛情が伝わるお洒落な空間だった。
一人でフランスに飛び、買い付けてきたという雑貨たち。
遊び心があったり、洗練されていたりと、
ひとつひとつ、眺めているだけでも楽しかった。

お店のテーマは、
「生きていくうえで必要のないもの、ただあれば生活が少しだけ楽しくなるもの」。
心の余裕や豊かさに繋がるセレクトなのが、友人らしいなと思う。
大切な誰かへのプレゼントを探したくなるお店・・・
だから今回は、我が家へのプレゼントにしてみた。
2人で使えるように、
白い水仙柄の、一回り大きなカップも一緒に。
こうして夢を形にし、新たな一歩を踏み出した、黒田さん。
同世代で頑張っている友人がいるのは、本当に励みになる。
健やかなエネルギーをもらえて、こちらも元気になる。
これからも、ちょくちょくプレゼント探しに訪れたい。
きっと素敵なものが見つかるから(^_-)-☆
★『XI
武蔵野市吉祥寺本町1-36-8小倉ビルB
TEL:0422-23-7966
Access:Google Map (水色の扉が目印です)