7/02/2012

ボートを漕いでいる。

どうも、近藤です。
アートカプチーノコレクション、いろいろあります。

今日は、屋内で一日かけての仕事。
日本テレビの麹町ビルにて。
ここは、アナウンサー1年目の時に、研修で学んだ場所。
私は札幌テレビの新人アナウンサーとして参加していた。
系列同期のみんな、元気でいるかなぁ。。
その後、仕事などで度々訪れてはいるが、
まさかアナウンサー10年目に、こんな風に環境を変え、東京で暮らし、
フリーランスという立場で、またここで仕事をするとは思ってもいなかった。

人生は不思議なもの。
がっつり濃縮された今日までの時間を思い返し、
様々な過去の積み重ねがあり、今があることに、感謝の念が湧いた。
自己研鑽の日々だったけれど、
決して一人で歩んできたわけではないことを、改めて噛み締めながら。

いつかどこかで、こんな言葉を聞いたことがある。

湖に浮かべたボートを漕ぐように
人は後ろ向きに未来へ進んでいく
目に映るのは過去の風景ばかり
明日の景色は誰も知らない・・・

確かにそうだ。
明日の景色は誰にも見えない。
でも、ボートを漕ぎ続ける限り、必ず前へ進んでいるはず。
心の目を凝らしたら、未来を見つめることもできると思う。

偶然か、必然か、運命のいたずらか、
はたまたその時々の風に吹かれて今ここにいるのか、
わからないけれど。

それでも、
同じボートに乗った人、ボートのすれ違いざまに言葉を交わす人、
桟橋でボートに乗せてくれた人、
ボートがひっくり返った時に泳ぎ方を教えてくれた人・・・
全ての出会いが、かけがえのない、奇跡のような巡り合わせ。

一期一会を大切に、目の前の人を笑顔にできる人でいたいなぁ。
そのためには、まずは自分が笑顔でいないとね(^-^)/

ということで・・・
仕事を終えて、大好きなアートカプチーノでひと休みして帰った。