2/20/2012

KANさんライブへ。

どうも、近藤です。
移動中の相棒は、iPod nanoです。

音楽は私の生きがいだ。
特に生唄、生演奏。
ライブに行くのが大好き!

昨夜は久しぶりだったので、
心も体も、芯からライブを渇望しているのが、自分でもよくわかった。
カラカラ〜な状態で向かったのは、
ZeppTokyo!
KAN』さんのバンドツアーの最終公演!!
札幌時代のラジオ番組のインタビューがきっかけで、
その後、新潟にいた時もライブがある際にはお邪魔させて頂き、
時には打ち上げに参加させてもらったりと、
本当にお世話になっているのだ。

ここ最近、KANさんのライブが楽しみで仕方なくて、
ずっとiPod でリピートして聴いていたけど、
今回、改めてライブの良さを痛感した。

会場の空気を振動させながら届く、生音、生声、照明の光や人の熱気。
同じ瞬間は二度と来ない切なさや尊さを感じるあの空間が、
好きで好きでたまらなくて、脳みそまでぐらぐらしてしまう。

そして、KANさんのエンターテイナー魂を、
全細胞に染み渡るように受け取りましたわ。
ロックで踊れる曲あれば、ピアノで泣かせる曲もあり。
この真冬に、
気づけば汗びっしょりになるほど濃厚な3時間!!
そのラストに待っていたのは、
なんと、大爆笑である。
KANさん、凄すぎる。。
いま49歳とうかがって、
その枯渇しないバイタリティとユーモアになおさら驚き。
本気でしびれました。
あぁ、次回も今から楽しみ。。

幸せに満ちた心で、ぐっすり眠った夜。
夢の中でも、まだまだ歌い踊っていた自分に、
どれだけ好きなんだと突っ込みつつ。。。

ライブで聴けて嬉しかった曲♪
『よければ一緒に』