2/08/2012

志の純粋さについて。

どうも、近藤です。
女子会よりも、一対一で話す方が多いです。

健やかな活力をもらった一日だった。
日本テレビアナウンサーの、鈴江奈々ちゃんとの再会。

溌剌とした品があって、大好きな友人。
系列局のアナウンサー同期なのだ。
新人研修で共に学んだ時、
よく一緒にランチをして、色んな話をしたことを思い出す。
ちょこちょこ連絡はとっていたものの、
こうしてゆっくり話すのは、本当に久しぶり。
最初は、「何だか時間の経過を感じないね!」と奈々ちゃん。
確かに、私も、
真っ直ぐ目と目を合わせて話をしていると、
現在の奈々ちゃんの向こうに、
昔の奈々ちゃんが透けて見えるような、不思議な感覚がした。
それは、彼女の持つ、
今も変わらない心のピュアさが、透明な精神が、
そう感じさせた部分も大きいのだろう。

結局、ランチの後も話し足らずに、
カフェへとはしごして、長話・・・。
久しぶりな気がしないけど、話したいことは盛り沢山だった。
しかも、ちょうど今、
お互いが関心を持って活動していることも似ていて、
驚きつつ強く共感した。

環境は全く違ったとしても、
それぞれが歩んできた9年間の中で、
様々な経験をして、泣いたり笑ったり、
壁にぶつかったり乗り越えたりしてきた分、
語れることが増えたね。
私たち、少しは成長できたかなぁ。。
最後は、そっと胸に迫るそんな感慨を語り合って別れた。

純粋な向上心は、人を輝かせるものだ。
人間的に豊かに生きたいと、上を向く心。
奈々ちゃんと話している最中、その大切さが、
じぃぃんと音を立てて胸に響き渡った。