2/27/2012

東京マラソン初参戦!!

どうも、近藤です。
スポーツの素晴らしさを改めて感じました。

東京マラソン2012』の余韻が残る月曜日。
その余韻は、
現場の熱気と、ランナーたちの思いと、
走ってないけど、自分の疲労と。。


昨日は、東京ビッグサイトのフィニッシュ地点で、
MCのお仕事だった。
フィニッシュゲートの先では、
2週間前に開通したばかりの"東京ゲートブリッジ"が、
ランナーたちを待つ。よい景色。

都庁、銀座、浅草、湾岸エリアまで・・・
東京の名所を満喫できるコースを、
ランナーたちはひた走り、フィニッシュを目指す。
優勝、オリンピック、誰かとの約束、健康のため、自分の限界への挑戦・・・
もちろん目標は、ランナーの数だけ・36000通りあったとしても、
大都会・東京を走り抜く喜びという意味では、
同じ気持ちを抱いていただろう。


大会情報やレース展開はもちろん、
精一杯のねぎらいの気持ちを、
フィニッシュするランナーの皆さんへ伝え続けた一日だった。

42.195km達成の直前で見せる、
笑顔、泣き顔、苦しい顔・・・様々な表情を見ながらふと思ったこと。
そこには、決して格好つけない、はだかの心があって、人間らしくて、
『生きている』東京を感じられた気がした。
普段、都会で人混みの中にいても、
『生きている』東京を感じることって、なかなかないから。
そして、寒いなか声援を送り続ける観客の皆さん、
日本ならではのホスピタリティを発揮するボランティアの皆さんの、
心あたたまる行動にも感動した。
まさに、キャッチフレーズ通り、
「東京がひとつになる日。」だった。
素晴らしいイベントだなぁ、東京マラソン。

昨年からはチャリティ制度も設けられ、
今年集まった寄付金の半分は、
東日本大震災の復興支援に充てられるとのこと。
東北へのメッセージを掲げて走る市民ランナーの方々も多かった。
走ることを楽しみながら、社会貢献に関われるこのイベントが、
その志を大切に、ずっと続いていくといいな。
いつか、私も走ってみたい!!!


一緒にタッグを組んだ、DJTAROさん。
ユーモアとボキャブラリーと優しさあふれる方で、
たくさん勉強させて頂いたと同時に、
とても楽しくお仕事をさせて頂き、本当に感謝です!