11/22/2015

木の屋石巻水産復活!と松尾貴史さん

ずっと行ってみたかったお店、
世田谷区経堂にある「さばのゆ」へ。
大盛況の店内!
この日行われたイベントは、
経堂を愛するタレント・松尾貴史さんの落語会&トークショー。
ゲストでいらっしゃったのは、
世田谷区の保坂展人区長と、
経堂商店街の支援がきっかけで復興した、
木の屋石巻水産の木村長門社長。

木の屋さんが、
ほぼ震災前の売り上げに戻ったとのこと。
それがどれほど大変なことか、
私には到底計り知れないけれど・・・
胸が熱くなるのを感じた。

お店では、”復活”のお礼にと、
木の屋自慢のおいしい缶詰が振る舞われた。
木の屋さんといえば、
このブログにも何度かご登場頂いている、
松友倫人さん!

イベントで上京されることを知り、
久々にお会いできることを楽しみに駆けつけた。

私が「TOKYO MX NEWS」でキャスターをしていた頃、
「つながり通信」というコーナーの中で、
石巻から被災地の声を届けて下さっていたのが松友さん。
現地にも何度か、取材や生中継などでおじゃまさせて頂き、
とってもお世話になった方。

しかも同年代!
その誠実な姿勢と柔軟な発想で、
どんどん道を切り拓いていかれる松友さん。
尊敬かつ良い刺激を頂いている方。
私にとってはありがたい存在であり、
大切な友人でもある。

さばのゆだけでない。
経堂商店街の様々なお店では、
木の屋さんのさば缶やさばを使ったメニューが食べられる。
こちらはさば鍋!
あぶった香ばしさと身の柔らかさと
深みのあるだしが最高だった♪
ご一緒させて頂いた、松尾貴史さん。
震災前からつながりのある木の屋さんのことを心にかけ、
被災地への様々な支援活動もされている。
そのご活動を番組でご紹介させて頂いたこともありつつ、
お会いしたのは今回が初めて。
すごくあたたかい方だった。

初めてといえば・・・
今回きいた創作落語、「神も仏もアルマジロ」。
落語で笑いすぎて泣いたのは、初めて!
必ずやまた、松尾さんの落語ききたいな~。

こんな風に、東京と被災地とが、
笑顔に包まれながら繋がっている関係、
本当にすばらしいと思った。

石巻にもまた行こう。

◯「木の屋石巻水産 復興への歩み」 
◯「お知らせ TOKYO MX NEWS 拡大版」
http://machiko-kondo.blogspot.jp/2013/12/tokyo-mx-news2013.html
◯「3.11 想像力を絶やさずに」