8/15/2015

絵本journey vol.11 『村上康成美術館』

静岡県伊豆高原にある、
村上康成美術館
2度目の訪問!
わくわくがとまらない。
地下のギャラリー。
真ん中にあるベンチで絵本を読みふけってしまう、
居心地のよい空間。

今回は、先日のブログでもご紹介した、
村上さんのいま最も新しい絵本「なつはひるね」の原画と・・・
おなじみピーマン村シリーズの最新刊、
おとまりのひ」の原画が展示されていた。

こちらには、
村上康成さんの初期の作品から、
新作までずらり。
中には、すでに絶版になってしまっていて、
私もここで初めて出合った絵本も!
ファンにとっては涙もの(T_T)。
厳選しつつ・・・どっさり購入。
自然をこよなく愛する村上さん。
魚釣りの写真など、
アウトドアに身をおく写真もたくさん飾られている。
自他共に認める「みずぎわ族」と紹介されるのも納得!
徹底的に、自然のど真ん中で遊んでいることが伝わってくる。

風とおしのよい、
村上さんの絵と言葉。
こちらのココロが入り込む隙間があるなぁと、
常々感じているけれど。

絶えず変化する季節や、
イキモノたちの巡る命。
それらをごく身近に感じている体験こそが、
村上さんの唯一無二の世界観につながっているのだろうと、
改めて思った。

なぜこんなにもこころ惹かれるのか、
腑に落ちる美術館。
非売品コーナーも、宝の山!!
1階はミュージアムショップ。
村上さんが立ち上げた「Breezingブリージング」というブランドの、
こだわりのグッズが並ぶ。

日常で使いたくなるすてきなものばかりで、
またしてもここで悩む(*^^*)
館長の川野さん。
優しい笑顔が印象的な方。
色々とお話もさせて頂き、ありがとうございました。
再々訪まちがいなしの村上康成美術館。
大好きな土地にあって、幸せ♡

================

~番外編~

度々遊びに訪れている、夏の伊豆。
今回もお気に入りの潮溜まりで、
素潜りしてきた。
大きな”シイラ”が泳いでいて、びっくりした。
どこにいるか、わかるかな?
ヒントは青い胸ビレです。
他にも、カニ、フグ、ウツボ、カサゴ、こざかなの群れ・・・
いろいろ出くわす、イキモノの宝庫!

自然の中に全身を解放する時間、
最高だなぁとしみじみ。。
また村上さんの絵本が読みたくなった。