7/30/2013

きらきら光る雫。

VOiCEの7月のお話会。
恭子さんと一緒に、魚釣りゲームの工作をした。
昨年作ったお魚たちに、
新たな海の生き物たちを加えて、パワーアップ!
ラッコや、さめ、くらげ、エイ・・・スイカまで!!
こんなの釣れちゃったら楽しいかなと(*^^*)
恭子さんの次男坊は、
ママがせっせと作っている間いい子にしていて、
本当に可愛らしかったなぁ。
お話会当日は、
真奈見さんと、中島そよかちゃん、敦子さんと一緒に。
今回初参加のそよかちゃんは、私のアナウンサー同期の仲間。(写真右↑)
子どもが大好きで優しいそよかちゃんの読み聞かせで、
子供たちの空気もほんわか~。

魚釣りゲームもみんな喜んでくれてよかった!
作り方は・・・
割り箸の先に輪ゴムをたらし磁石を固定。
この磁石を、
お魚たちにはさんだクリップにくっつけて釣るという仕組み。
魚釣りゲームは子供たちに大好評なので、
来年は、もっと海の生き物たちが増えているかも!?
ダイオウイカとか作ろうかな(笑)。

そして今回は、
とても強く心に残る出来事があった。
絵本を持って、お話会の部屋から、病室にいる女の子のもとへ。
呼吸器をつけベッドに横たわるその子は、
何と1時間も前から、この時間を楽しみに待っていてくれたそう。
言葉を発することの出来ない女の子。
絵本をじっと見つめ・・・
気づけば、可愛い頬を、光る雫が伝っていた。
一対一で、じっくり読み合う時間。
胸がいっぱいになった。。

誰もが皆、大切なイノチを生きている。
忘れがちだけど、忘れたくないこと。

8月は、どんな絵本を持って、会いに行こうかな。