10/31/2015

ウィルチェアーラグビーと、うれしい再会

千葉ポートアリーナで行われた、
ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)の、
アジア・オセアニア選手権へ!
一緒に観戦させてもらったのは、
車いすラガーマン・高橋義信さんご家族。
久々の再会、うれしかった♪

5~6年ほど前、わたしが新潟で、
アナウンサー兼報道記者として働いていた時代。
当時、新潟県出身の唯一のパラリンピアンであった高橋さんを、
密着取材させて頂いた。

企画から取材、原稿、ナレーションまで携わり、
夕方のニュース番組で何度も特集を放送し、
最後はドキュメンタリー制作まで・・・。
もちろん初めての経験ばかりで、
四苦八苦したことは言うまでもなく。。
よく徹夜していたあの頃が、
いまでは懐かしい(笑)。

その分思い入れも強く、
多くのことを勉強させて頂き、
忘れられない仕事になった。

いまもこうしてご縁が繋がっていること、
高橋さんご家族のあたたかさに感謝。。
こちらはニュージーランド戦。
久々に観たけれど、
やっぱりウィルチェアーラグビーが好きだと再確認!

容赦ないタックルで、
選手の転倒、車いすのパンクはしょっちゅう。

パラリンピック競技で唯一許された、
車いす同士の激しいぶつかり合いと、
障がいレベルの異なる選手たちの奥深い連携プレーが、
たまらなく面白い。

障がい者スポーツという枠組みを超えて、
ひとつのスポーツとして、心惹かれるものがある。
日本は見事、
アジア・オセアニアのチャンピオンに!
リオパラリンピック出場を決めて、世界ランクも3位!
おめでとうございます!!

かつて代表合宿などで取材させて頂いた選手や、
いまやコーチとして関わっている方も。

走馬灯のようにいろいろ思い出されて、
感慨深かった。
何より驚いたのは、報道陣の多さ!
今大会の様子はニュースでも度々取り上げられて、
ウィルチェアーラグビーを初めて知った方も多いのでは?
ほんの数年前とは、環境が随分変わっていた。

東京パラリンピックに向けて、
どんどん盛り上がっていくのだろう。
すごく楽しみ・・・!

今年の12月18日(金)~20日(日)には、
同じ会場で日本選手権が行われる。
また応援に行きたいな。