7/24/2014

VOiCE 7月のお話会。

VOiCEの病院お話会。
7月は、魚つりゲームをやろう!と決めていたので、
海のいきものが登場する絵本や、夏らしい絵本を持ち寄りました。
今回は、長谷部真奈見さん、中島そよかちゃんと3人でおじゃましました。
読んだ絵本や紙芝居は3冊。
「おうちをわけっこ」 作:ジュリア・ドナルドソン 絵:リディア・モンクス 訳:まつかわまゆみ 評論社
「コッコおばさんのおばけのアイスクリーム」 作・絵:仲川道子 童心社
「かにこちゃん」 作:きしだえりこ 絵:ほりうちせいいち くもん出版

「かにこちゃん」は赤ちゃんから楽しめる小さな絵本だけれど、
ページをめくると広がる世界がとてもダイナミック。
リズミカルな言葉も軽快でここちよく、
何より、夏の空、海、太陽の美しさが光る一冊です。

読み進めていくと、
可愛い男の子が、両手でカニのはさみを作ってかにこちゃんのマネをして、
「すこすこすこすこ・・・」と私の周りをぐるぐる横歩き♪
お話会を楽しく盛り上げてくれました。
魚つりゲームも、
みんなでワイワイ笑顔いっぱいの時間になりました。

聞けば、病院の夏祭りが近いとのこと。
子どもたちがすごく楽しみにしている様子が伝わってきました。
その準備などで、保育の先生方はお忙しそうでした。
体調によっても刻一刻と喜怒哀楽が変化する、
子どもたちのやわらかな心に、
日々寄り添っていらっしゃる関係者の皆さま。
その横顔を拝見しながら、
いつもながら、心からの敬意を感じました。