7/26/2014

東京新聞掲載。

先日、ららぽーと豊洲カルチャースクールで開催した、
「大人のための絵本セラピー」。

参加して下さった東京新聞編集局デスク長の清水孝幸さんが、
土曜日の朝刊で連載されているコラム『50代の地域デビュー』の中で、
体験した感想を掲載して下さいました。(26日付 東京新聞朝刊)
「きれいな日本語で語られる物語と夢のある絵に、
大人の私も癒やされた。」

結びの言葉には・・・

「記者という日本語に関わる仕事をしているので、それを生かし、
子どもたちに楽しい体験をさせたい。
今度、学校のボランティアで読み聞かせにチャレンジしてみよう。」

地域の小学校で子どもたちと一緒に遊び、
見守るボランティアを始められたとのこと。
とても素敵なご活動ですね。

清水さんは、TOKYO MX NEWSにも定期的にご出演頂き、
いつもわかりやすく鋭い政治解説をしてくださる方です。
スタジオとは全く違う表情が垣間見える、
とても楽しくあたたかなコラム。
その後の絵本の読み聞かせの展開を伺うのも楽しみです。

絵本は子どものもの、女性がよむもの、それだけじゃないんですよね。
例えば大人の男性も、日々仕事漬けのサラリーマンにも、
少しでも絵本っていいな~と感じてもらえたら、
もっともっと優しい世の中に変わっていくような気がしてなりません。

おひとりずつと過ごす「絵本の場」を、
これからも大切にしていけたらと思います。感謝。

******************************

『絵本のち晴れ』大人のための絵本セラピー

8月23日(土)10:00~12:00 残席わずかです。
10月4日(土)10:00~12:00 こちらも募集を始めました!

詳しくは、「絵本イベント最新情報」のページをご覧ください。