8/22/2012

第2の故郷、北海道へ。

どうも、近藤です。
夏の北海道の空気が好きです。

北海道・苫小牧市にあるニドムにて、
2日間ゴルフのお仕事をしてきた。
新人アナウンサーの頃、
ここから全国へ向けて生中継をしたこともあり、思い出深い場所。
こんな名門コースで、いつか私もゴルフしたいなぁ。。
北海道らしく、さらっと清らかな風が吹いていて、すごく気持ちが良かった。
鮮明な緑も、瞳の奥までしみ込むように綺麗で、心が洗われた。

6年間を過ごした第2の故郷にせっかく行ったので・・・
仕事後は、数日札幌に滞在して、会いたい人たちに会ってきた。


私の仕事の原点、札幌テレビにご挨拶へ。
懐かしい皆さんとの笑顔の再会に、改めて、感謝の気持ちと感慨が込み上げた。

心友とドライブしながら、沢山語り合った。
足繁く通っていたお店には、常連仲間の皆さんが集まってくれた。
会社の先輩方とは、すすきのの路地裏で飲んだくれた。
北海道を離れてからの3年間で、様々な環境が変わったけれど、
あの頃と変わらない楽しい時間が過ごせて、とてつもなく有り難く、嬉しかった。

老人ホームで暮らす、仲良しだったおばあちゃんにも会ってきた。
一緒に唄を唄ったり、おやつを食べたりしてきた。ありがとねって何度も言ってくれた。

とてもお世話になった方が今年亡くなり、やっとご自宅へお参りに行くことができた。
遺影を見た時はたまらなかったけれど・・・
奥様と話している間、すぐそばに居て下さった気がした。


北海道が好きだ。
大好きな人たちがいるから。

今回は特に、年代も幅広く、
人生のそれぞれの“章”に生きる人たちと再会してきた。
時の流れや、人との巡り会いについて、深く考えさせられた。

人は、生きながら死んでいく。
だから、楽しい時もそうでない時も、
いまこの瞬間を愛おしみ、味わい尽くすことを、忘れないでいたい。