8/23/2012

東京新潟物語 2012 夏。

どうも、近藤です。
長岡花火は、世界一だと思います。

先日の新潟帰省時のネタが沢山ある。
まずは、恒例の“東京新潟物語リポート”!
『子供の頃から見ていた 長岡の花火を
見に行かなかった、初めての夏。』
東京新潟物語 2012 夏

上越新幹線に乗る方は、是非チェックして欲しい。
毎回楽しみにしている、地元の酒蔵『吉乃川』の広告だ。

毎年決まって、8月2日と3日に開かれる、長岡の花火大会。
東京新潟物語の主人公の気持ちが、痛いほどによく分かる。
大学生になり、新潟から上京したての頃の心境を思い出す。
都会の夜景を見つめながら思う、故郷の花火。
私はこれから何を得て、何を失っていくのか。
期待と寂しさがよぎる、夏の夜風の生ぬるさ・・・。
それくらい、長岡花火は、
地元出身者にとっては、あたり前に特別な日なのだ。

今年は私も、用事があって見に行けなかった。
ブログを見て下さっている方が、
復興祈願花火フェニックスの動画を送ってくれた。
パソコンの前でひとり、じーんと感極まって、ポロポロポロ。感謝。

ちなみに、この広告の背景が、
流行りのスカイツリーではなく、東京タワーなのがまたいい。
個人的に、断然東京タワーの方が好きだから。
あたたかみのあるオレンジの灯が、やっぱり絵になるなぁ。。

今年は花火の写真はないけれど、
帰省中に撮りだめした、愛する甥っ子くんたちとの写真を。
アンパンマンが大好きな弟くんは、私を見て、アンパンマン!という。
どおゆうこと(^_^;)?
お兄ちゃんとは、再会した瞬間にハイタッチするほど仲良しに♪
弟くんが、遊び疲れて眠ったすきに、腕枕してもらう私。
しょーもないおばさんです(笑)。

2人の天使たちのおかげで、なみなみに心満たされ、
長岡花火の分までパワーチャージできた★