3/03/2014

ひな祭りに思う。

新潟にいる姪っ子は、初節句。
みんなでお祝いしたそう。
おめでとう!!
甥っ子1号と2号も、おおはしゃぎ。
早くみんなに会いたいな~♡

今回もまた、家族で唯一、
ひな祭りのお祝いに参加できなかったから。
私の妹が、写真をいっぱい送ってくれた。

しかし、大きくなったな。
ひな祭りの主役は女の子だけど、
日に日にお兄ちゃんらしくなっていく彼らがほほえましく、
一緒に読みたい絵本がぱっと浮かんだ。
兄弟、兄妹がテーマの3冊。
『しゅくだい』
岩崎書店 宗正美子・原案 いもとようこ・文絵
『わがままいもうと』
教育画劇 ねじめ正一・文 村上康成・絵
『おにいちゃんになるひ』
フレーベル館 ローラ・M・シェーファー・作 ジェシカ・ミザーヴ・絵 垣内磯子・訳

そして、今回送られてきた大量の写真の中には、
なぜか一枚・・・!
遠い昔のひな祭りでの、私と妹。
懐かしい。。。
そうそう、おひな様のまねをして、
やっぱり、おおはしゃぎの一日だったっけ(笑)。
一気にいろんな記憶が蘇った。

近藤家は4人兄妹。
四季折々の行事は、いつもにぎやかだった。

子ども時代の楽しい思い出。
周りの大人が与えてくれた、幸せな記憶のひとつひとつ。
それらが、私の根っこにあるのは、まちがいない。


ひな祭りに思う。

もし誰かに・・・
「あなたが、親から教わったことは何ですか?」と訊かれたら。

私なら、こうこたえるかも。

「自分は、愛されている、大切な存在なんだということを、教わりました。」