3/26/2014

絵本講師養成講座、修了式。

1年間学んできた、
NPO法人「絵本で子育て」センターの、
絵本講師・養成講座。
修了式にて、同じグループの皆さんと。
皆さん、とっても清々しい、いい笑顔!!
これから、講座を通して会えなくなるのが、
すごくさみしい。。

絵本作家、ジャーナリスト、小児科医など・・・
様々な分野のプロフェッショナルの講演を、
共にココロに響かせ感じ合えたこと。
それぞれのおすすめ絵本を持ち寄って、語らえたこと。
絵本以外にも、互いの人生にまつわるお話ができたこと。
毎回出される課題を、励まし合いながら頑張れたこと。

一人では味わえなかった、このキモチ。
1年を振り返りながら、かみしめている。
無事に「絵本講師資格」を習得し、
修了証書を受け取ることができた。

「絵本セラピスト」資格とは、また違った視点で、
絵本の偉大さ、愛おしさに気づけたことに大感謝である。
最後の講演は、、
絵本作家の梅田俊作さん・佳子さんご夫妻だった。
いじめや、差別などの問題に、
真っ向から向き合う作品を創り続けるお二人。
うそのない言葉は、人の心を打つ。
人間てなんだろう。いっぱい考えた。
うわさごと』 作・絵 梅田俊作 汐文社。
2012年刊行の絵本に、
梅田俊作さんが、私の似顔絵を書いて下さった!
これは貴重だ~嬉しい!!
お世話になった、森ゆり子理事長と、藤井勇市代表と一緒に記念撮影。

現代社会の中で、絵本は一体どんな意味をもつのか。
私たち絵本講師に問われているものは何か。
子どもが、大人が、絵本を手にとる社会、
そこから育まれるものの豊かさや尊さについて。

絵本の知識を詰め込む時間ではない。
絵本を届ける立場として、一人の人として、
大切な姿勢を考えさせられる時間だった。

学ぶことの楽しさ、伝えたいことがある幸せを、
腹底から感じられた。

『一匹のチョウの羽ばたきが、やがて竜巻を起こす力になることを信じて・・・』
これは、森理事長の言葉。

私はまだまだ、はらぺこあおむし。
一歩一歩、学びを深めていけたら。

第11期「絵本講師・養成講座」受講生募集中。