5/15/2016

村上康成さん絵本トークLIVE in 絵本の森 グランチャ

村上康成さんをお迎えしての、トークLIVE。
おかげさまで、定員を超えるおよそ60名のみなさまにご参加いただき、
ちいさな絵本館が熱気に包まれました。
発売になったばかりの最新刊、
しろいちょうちょがとんでるよ」(ひさかたチャイルド)。
村上さん作・絵による、初めての赤ちゃん絵本。
昨年お孫さんができたからこそ誕生した1冊です。

美しい言葉や絵、ここちよいリズムを届けたい・・・
おじいちゃん愛のこもった制作過程から感じたのは、
赤ちゃんだけではなく、
そのお母さんやお父さん、まわりの大人たちへも向けた、
あたたかいまなざし。

イベント前には、
私がもうすぐ母になることを知った村上さんが、
うれしいメッセージと共にこの絵本を贈って下さり、感激でした。。

最高のタイミングで巡り合えた、村上さんの赤ちゃん絵本。
初めての子育てと一緒に歩めること、本当にうれしいな。
胎教から読んでいます♡
リクエストに応えて、オリジナルのウクレレで1曲♪
すてきな音色と歌声も披露して下さいました。
トーク終了後は、絵本はもちろん、
村上さんのオリジナルグッズなども、
たくさんの方々に手にとって頂けました。
サイン会では、おひとりおひとりに丁寧にサインをして下さった村上さん。
もちろんわたしも。
我が子と読める日が楽しみ!
参加者のみなさんの笑顔があふれたグランチャでした。
遠く新潟までお越し頂いた村上さん、
こころより感謝いたします。

もともと大ファンの母はもちろん、
近藤家一同もそれぞれに胸を打たれ、
幸せな余韻にひたりました。
5月の凛とした森の中で、村上さんの想いを伺う。
宝物のような時間、ずっと忘れないと思います。
5月18日付けの新潟日報には、
トークLIVEの様子を掲載して頂きました。
ほんの少しだけ、新潟観光も。

アンドレジャイアンツで、
以前からご一緒させて頂いていた村上さん。
今回のイベント開催をきっかけに、
様々なお話をすることができました。

まだわたしにはうまく表現できないのですが・・・
静かでぶれない、奥深い優しさのある方だなと感じます。
村上さんのもつ”品格”にふれながら、
わたしはこの先どんな大人になりたいのか、
考えるチャンスを頂きました。
それは、とても大きな出来事でした。

=====
村上さんが今回のイベントの様子を書いて下さいました!
⇒村上康成美術館 YASUNARI NOW