12/14/2014

衆院選特番

TOKYO MX がお届けした衆院選特番、
『堀潤と“あなた”が伝える首都決戦2014』。

私は、杉並区にある親子カフェより、
有権者の皆さんの声を中継でお届けしました。

一回目のゲストは、子育て真っ最中のお母さんたち。
『実践してほしい政策』として挙げられたものは・・・
「保育の質の向上」
「多様な女性のライフスタイルの支援を」
「男性にこそ子育てしやすい環境を」
皆さんそれぞれ、
リアルで芯のあるお考えを話して下さいました。

今回の選挙で選ばれた人たちは、
国政とはいえ、地元の代表として国会に行くわけです。
今後もこうした地域の声に耳を傾け続け、
国会に働きかける実行力が求められています。
決して、選挙の時だけ盛り上がるのではなく。。
もちろん、私たち有権者も含めて同じことが言えますが。
二回目のゲストは、お二人。
メールを通してお母さんの孤立を防ぐ活動をされている
NPO法人「きずなメール・プロジェクト」代表の大島由起雄さん(写真左)。
シングルママ・シングルパパと子どもの貧困問題に取り組まれている、
NPO法人「リトルワンズ」代表の小山訓久さん(写真右)。

東京という地域では特に、
「孤」育て予防のため、妊娠期から細やかな支援が必要なこと。
子どもの貧困問題が抱える重層的な課題には、
スピードとリアルなアクションが重要なこと。

お二人には生放送以外でも、現場での打ち合わせ中に、
様々なお話を伺わせて頂きました。

東京だからこそ、それぞれの「地域」のあり方が、
根本から問われる時代になってきていると感じます。
どんな立場・環境にいる人であれ、
地域の人とゆるやかに繋がりながら、
子育ての大変さや喜びを分かち合えること。
多くの大人たちと関わりながら、子どもが育っていくこと。
とても大切なことだと思います。

絵本ヨガのクリスマス会後に駆けつけた特番。
子育てに奮闘するお母さんたちと接していることもあり、
勉強になることばかりで、とても有意義な時間でした。

子育てや子どもの貧困を取り巻く問題は、
東京が、日本が抱える大きな課題につながっています。
これからもしっかり関心を持ち続けたいと思います。

中継にご協力くださった皆さま、感謝致します。
仕事中に撮影して下さった写真は貴重なので、
記念に掲載。