12/01/2013

最後の国立・早明ラグビー戦!

現在の国立競技場での、最後の早明ラグビー戦!
「国立をホームにしよう。」プロジェクトは、
本当に素晴らしい企画だった。
試合前にフィールドに立てるイベントがあったり。
現役学生ラガーマンに持ち上げられ、ラインアウトを体験できたり。
楽しいイベントも盛り沢山!
試合前半は、早大同期の仲間と一緒に、
観客席から観戦できた。
通路に人が座ったり、立ち見も出るほどの満員御礼!!
冬晴れの空のもと、なんとも壮観な光景だった。
試合は、15-3で早稲田が勝利!
しびれるような激しく熱い攻防に、釘付けに。。
そして、試合後の「さよなら国立セレモニー」には、
松任谷由実さんが登場!
万感の思いを込め、名曲『ノーサイド』を熱唱して下さった。
松任谷正隆さんの演奏と共に、
美しい夕暮れの空に溶け込むような、その唄声、そのコトバ。
選手が、観客が、涙していた。。
今回、セレモニーの司会を務めさせて頂き、
この場にいられたこと。
幸せと有り難さで胸がいっぱいになった。

そして、何より・・・!
素晴らしい出会いに感謝したい。
この企画を立ち上げ、並々ならぬ情熱で、
何ヶ月間も大変な準備を積み重ねてきた、
早大ラグビー部OBのメンバー。
(前日のリハーサルでの一枚)
仲間と共に、新たな伝説を創ろう。
それぞれ多忙な本業がありながら、
どんなに心血を注いできたことだろう。
彼らなくして、今日の日の感動はあり得ない。
5万人の観客の魂を揺さぶった原動力。
心の底から、ありったけの敬意を表します。。。

人との出会いに突き動かされながら、
私は日々を生きていける。
これまでも、そしてこれからも。
改めてそう思えた、2013年12月1日を忘れない。