3/05/2015

【グランチャ便り】はるがきた

絵本の森グランチャにも、
小さな春がきた。
大好きなこの山に、
もう来られなくなったおばあちゃん。

父がとったふきのとうで、
母がふきのとうみそを作って。

病院のベッドの上で、ひとくちだけ。

「ことしの春の味を食べさせてあげられたね」
と母。

何度握手しても、したりないまま、
東京に帰ってきた。

もうすぐ誕生日のおばあちゃん。
89歳、お祝いしたいな。

まいにちまいにちが、
二度とこない、
かけがえのない一日ですね。

みなさま、
きょうもよい一日を。