3/11/2015

3.11特番 TOKYO MX NEWS

TOKYO MX NEWS拡大版
「東日本大震災から4年 絆と教訓」を放送。

東北の被災地の現状をお伝えするとともに、
東京で、震災の教訓がどのように活かされているのか。
首都直下地震に備えいま求められているもの、
被災地とどのようにつながっていけばよいのかなど・・・
様々な視点でお届けしました。

「東京こそ、”近助の精神”が重要」。
スタジオゲストとしてお越しくださった、
防災・危機管理アドバイザーの
山村武彦さんの言葉が印象的でした。


思えば4年前のあの日。
新潟の局内で大きな揺れを感じた直後、
すぐさまスタジオに入って、
地震情報を繰り返し伝えていました。

東北の悲惨な現状に言葉を失いつつ、
そのまま会社に泊まり勤務することになり、
翌朝、長野・新潟の県境付近で震度6強の地震が発生。

その現状を全国にお伝えしながら、
例えようのない、巨大な恐ろしい思いに駆られたこと。
今も鮮明に思い出されます。
一体日本はどうなってしまうんだろうと。。

「あすは我が身」という感覚が、強烈に刻まれた体験でした。

東北の復興は道半ばです。
近い将来、大地震は必ず発生します。

被災地支援や、地震への備え。
「できることをしよう」と改めて思った、
今年の3.11でした。