10/12/2014

グリーフサポートせたがや

グリーフサポートせたがや
「サポコハウス」オープン記念イベントに伺いました。
対談は、ミシュカの森の入江杏さんと、世田谷区長の保坂展人さん。
グリーフとは、大切な人やものをなくした時の反応のことで、
日々における小さな傷つきや喪失も含みます。
かなしみは、人それぞれ。
その深さも、形も、温度も、多様なことを心に留めておきたいものです。
「目に見えない、不可視な涙」という言葉が胸に残りました。
涙を流したくても流せない人、
かなしみに蓋をしている人も多いのかもしれません。

丁寧に、自分のキモチと向き合う時間や空間は、
とても大切だと思います。

不可視な涙にも気づき、やわらかく他者と繋がる共助の場として、
素晴らしい種が蒔かれました。